ホームページ制作
ご自身で更新管理をしたい方にお勧め!
ホーム通販表示お問い合わせ 
趣味のページやSOHOなどの個人の方のホームページを応援・支援しております。   

ご 案 内
 プラン案内
 プラン価格表
 ドメインについて
 FAQ
お申し込み
 ご利用手順
 お申し込み
 ご利用規約
メ ン バ ー
 サポート
 契約内容変更
※プランお申し込みの際この昴店規約への同意が必要となります
昴店規約  要約/注 
第 1条 用語の定義
第 2条 約款の適用
第 3条 本規約の範囲
第 4条 利用契約の成立・有効期限・継続
第 5条 利用契約の解除
第 6条 契約事項の変更
第 7条 利用料金
第 8条 決 済
第 9条 氏名及び居住地の公開
第10条 禁止行為
第11条 ユーザーIDおよびパスワード
第12条 著作権
第13条 情報の管理及び守秘義務
第14条 共有コンテンツへの書き込み内容の削除
第15条 免責事項
第16条 本規約の発効
第17条 係 争

 第1条 用語の定義  
  1. 「本サービス」とは、本規約及び昴店(以降は弊店と称する)が今後提供するインターネット業務及びそれに付随する業務を言います。「会員」とは、本サービスを利用するため、弊店と利用契約を締結し、本規約を遵守し本サービスの利用料金を所定の方法にてお支払いいただける方を言います。利用規約に同意後本サービスの利用開始となります。
 
 第2条 約款の適用  
  1. 弊店 は、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第22条(一般第二種電気通信事業の届出)に則り届出を済ませ第31条の規定に基づき、この弊店利用約款を定め、これにより本サービスを提供する。
 
 第3条 本規約の範囲  
  1. 本規約は、本サービスの利用に関し会員との間の一切の関係に適用されるものとする。
  2. 本サービスを通じて、他のネットワークサービス等を利用する際には、本規約に従うとともに、接続先で定められている利用規程に従うものとする。
  3. 弊店は会員に事前の通知をすることなく本規約を変更できる。変更後の本規約も会員と弊店との一切の関係に適用される。
  4. 弊店がネット上で、随時、会員に対して発表する諸規定等は本規約の一部を構成する
 
 第4条 利用契約の成立・有効期限・継続  
  1. 本サービスの利用申請は、弊店所定の契約方式を利用し、弊店に提出するものとする。
  2. 18才未満のサービス利用申請は保護者の承認を必要とし、保護者は本規約の定める一切について連帯して保証するものとする。
  3. 利用契約は、利用申込者が本規約を承諾した後、弊店における必要な審査、手続き等を経て成立する。
  4. 弊店が、「サービス利用申請」を承諾するに支障があると判断する場合は、当該「サービス利用申請」を承諾しない場合がある。インターネット上からの自動登録の場合も契約は弊店における必要な審査、手続き等を経て成立するが「サービス利用申請」を承諾するに支障があると判断する場合は、当該「サービス利用申請」を承諾しない場合がある。(利用申請者が申請した登録メールアドレスに変更があり変更申請がなくインターネットでメールでの連絡が届かなかった場合、その他の理由でメールが不着であった場合でも弊店の送信記録が弊店の送信、契約者確認の日時として適応される。利用申請者から後日どのような内容の連絡が弊店へ届いたとしてもサービスの提供はないものとする。
  5. 弊店は、「サービス利用申請」を受け付けた時点で、利用申請者に弊店への利用申請メールのコピーを送信することで申請を受け付けたことを通知する。契約が成立する場合はその後の通知無く契約が成立し会員となりサービスを利用できるが、「サービス利用申請」を承諾するに支障があると判断する場合は、当該「サービス利用申請」を承諾しない場合がある。インターネット上からの自動登録の場合も利用申請を受付はするが契約は弊店における必要な審査、手続き等を経て成立する。「サービス利用申請」を承諾するに支障があると判断する場合は、当該「サービス利用申請」を承諾しない場合がある。
    【弊店の審査内容】
    1. 申請内容の記述に不明な点がある
    2. 複数契約している場合、前回提出した情報と相違する点がある
    3. 希望した基本アカウントに数字、記号、利用禁止文字列が入っている場合
    4. 日本国外からの申請(詳細を確認し判断するが基本的には弊店が専用言語での申請用ホームページを用意していない諸外国からの申請は受け付けることは出来ない。)
    5. その他弊店が不適切であると判断した場合
    6. 未公開または募集を停止しているサーバーからの利用申請をした場合
  6. 契約の有効期限は、弊店で定めた期限とする。
  7. 契約の有効期限は契約有効期限が終了する日(以下「契約終了の日」と言う。)の弊店営業時間内とし、当日の弊店営業時間内に会員から特に申し出がない場合は、契約は自動更新されるものとする。「金融機関からの振り込み」処理の場合、月間利用なら申請日から30日後までに入金の確認が出来るように支払わなければならない。この場合金融機関の当日支払い可能時間内に処理をしなければならない。弊店営業時間内(月〜金、午前9時から午後5時まで。契約終了日が祝祭日で弊店が営業していない場合は契約終了日前の弊店営業時間内となる)に入金の確認が取れない場合はサービスの一時停止となる。サービスの停止を希望する場合は月間利用なら申請日から30日後までに申請しなければならない。営業時間外に申請されたものは適応されないだけでなく翌更新日までの利用料が発生するものとする。
  8. 最低利用期間は月間利用の場合30日間とする。期間内に契約解除の申請があった場合でも利用料の返還はない。
弊店所定の契約方式とは弊社ホームページからのお申し込み及びメールをいいます。
 第5条 利用契約の解除  
  1. 会員は、その利用契約を解除する場合、契約有効期限が終了する日(以下「契約終了の日」と言う。)の弊店営業時間内(月〜金、午前9時から午後5時まで。契約終了日が祝祭日で弊店が営業していない場合は契約終了日前の弊店営業時間内となる)までに弊店へ所定の方式にて、その旨届け出なければならない。営業時間外に申請した場合は翌更新日までの利用料が発生するものとする。
  2. 利用契約の解除は、弊店が解約の届け出を受理した日の営業時間内に行なわれるものとする。
  3. 「金融機関からの振り込み」の場合、利用契約の解除に関する事前通知がないまま利用料の入金が確認できなかった場合、本サービスはサービスの継続に関する会員の意志の有無にかかわらず、月間利用なら申請日から30日後をもって本サービスを停止するものとする。但し、入金確認ができなかったことによってサービスが停止された場合に発生した問題に関しては弊店は一切の責任を負わない。利用契約の解除に関する事前通知があった場合の途中解約に関しても弊店はすでに支払われた料金の払い戻しは、一切行なわない。
  4. 弊店は、会員が第10条、3に該当すると判断した場合、事前に通知することなく、直ちに利用契約を取り消すことが 出来る。また、禁止行為を行いサービスを停止した事によって発生した問題に関しては弊店 は一切の責任を負わない。途中解約扱いとなり弊店はすでに支払われた料金の払い戻しは、一切行なわない。<本規約、禁止行為第10条、3を参照>
  5. 前項または本規約10、禁止行為による強制解約により利用契約が取り消しとなった会員は、弊店が取り消した利用日までに発生したすべての債務を弊店の指定する方法で支払うものとする。尚、弊店はすでに支払われた料金等の払い戻しは一切行なわない。
 
 第6条 契約事項の変更  
  1. 会員は、住所等、弊店に届けている内容に変更が生じた場合には、弊店指定の方法により速やかに弊店に届け出るものとする。
  2. 利用契約に登録した氏名は、婚姻により姓の変更等、弊店が承認した場合を除き変更できない。
 
 第7条 利用料金  
  1. 会員に対する本サービスの初期費用および月間利用料の支払い方法は次の通りとする。
    【金融機関からの振込】
    初期費用および第1回の月間利用料は、弊店が指定する銀行口座へ振込む[振込手数料は会員負担]こととする。初期費用および第1回の月間利用料の入金を確認し次第、弊店における必要な審査、手続き等を経て、サーバーのセットアップを行なう。契約希望者がサービス利用申請し、初期費用と第一回の月間利用料を入金した後、サービス利用申請から7日以内に何らかの事情で解約する場合、弊店は第1回の利用料は全額返還しなければならないが初期費用の返還は無いものとする。サービス利用申請日の確認は全て申請時のインターネットメールの弊店到着日時を基準とする。
    契約有効期限は契約有効期限が終了する日(以下「契約終了の日」と言う。)の弊店営業時間内とし、当日の弊店営業時間内に会員から特に申し出がない場合は、月間利用なら申請日から30日後までに入金の確認が出来るように支払わなければならない。この場合金融機関の当日支払い可能時間内に処理をしなければならない。弊店営業時間内(月〜金、午前9時から午後5時まで。契約終了日が祝祭日で弊店が営業していない場合は契約終了日前の弊店営業時間内となる)に入金の確認が取れない場合はサービスの一時停止となる。サービスの停止を希望する場合は月間利用なら申請日から30日後までに申請しなければならない。営業時間外に申請されたものは適応されないだけでなく翌更新日までの利用料が発生するものとする。
  2. サービスの停止、利用中止について
    本サービスは、会員の自由意志によって解約できる。解約を希望する会員は、その旨を事前通知した上で契約有効期限の入金を停止するものとする(事前通知による利用期間中の解約も可能であるが、未使用分の利用料の返還はない)。
    ・金融機関からの振込について、解約に関する事前通知がないまま利用料の入金が確認できなかった場合、契約有効期限は契約有効期限が終了する日(以下「契約終了の日」と言う。)の弊店 営業時間内とし、当日の弊店 営業時間内に会員から特に申し出がない場合は、月間利用なら申請日から30日後までに入金の確認が出来るように支払わなければならない。この場合金融機関の当日支払い可能時間内に振込み処理をしなければならない。弊店 営業時間内 (月〜金、午前9時から午後5時まで。契約終了日が祝祭日で弊店が営業していない場合は契約終了日前の弊店 営業時間内となる)に入金の確認が取れない場合はサービスの一時停止となる。サービスの停止を希望する場合は月間利用なら申請日から30日後までに申請しなければならない。営業時間外に申請されたものは適応されないだけでなく翌更新日までの利用料の支払義務が残るものとする。(利用料未払いでサービスが停止された場合、利用スペース内は自動的にサービスが停止され、一度サーバースペース内のフォルダはクリーンアップされる。復旧を希望する場合1ヵ月以内に申し出ればファイルの復元は可能。1ヵ月を過ぎた場合停止時の状態への復元は不可能となる。この場合再設定料として新たに5,000円の費用が発生する。)
  3. 弊店は、会員のサービス申請時のメールアドレスへのメールによる事前通知によって、本サービスの利用料金を改定することができる。
    会員は、改定または変更後の料金を所定の手続きで支払わなければならない。メールによる案内の確認は弊店送信記録により管理、確認するものとする。何らかの問題が発生し電子メールが届かなかった旨の告知があった場合でも弊店送信記録で案内の有無を確認し記録が存在する場合改定案内が送信されたものとする。このためにも会員はサービス申請時のメールアドレスは変更があり次第速やかに変更の手続きをとらなければならない。
  4. 会員が、本サービスを通じて他のネットワークとの接続及びサービスの提供を受ける場合の費用は、接続先及びサービス提供者が設けた利用規程、料金規定、支払方法により支払うものとする。
弊店は年間契約の形式をとってはいません。月間契約となっていますので、解約月以後の前払いによる支払い分がある場合は返還致します。
 第8条 決済  
  1. 会員は、利用料金などを弊店が承認した次の方法で、支払うものとする。
    「金融機関からの振り込み」その他、弊店が定める方法による支払い。
  2. 前条支払いに必要な振り込み手数料その他の費用は、すべて当該会員の負担とする。
現在は金融機関からの振り込みでお願い致します。
 第9条 氏名及び居住地の公開
  1. ネット上の事件・事故、トラブルなどの場合、令状を持つ公官庁の職員からの請求には会員情報(会員の氏名住所連絡先等)を公開することがある。
  2. 弊店の判断により、匿名によりメッセージをインターネット上で公開することを認める場合がある。
  3. 弊店の判断により、ユーザーIDの入ったURLをインターネット上で公開前に電子メールにて登録メールアドレスへ事前通知し公開する場合がある。この場合会員のホームページを紹介するものであり、否定的な文面を公開してはならない。登録メールアドレスへの事前通知の返信がない場合は公開してはならない。
 
 第10条 禁止行為  
  1. 弊店は、本サービスを円滑に提供するために、第10条、3に付帯した各項目に該当する行為は禁止する。
    また、これら禁止行為により引き起こされたいかなる事態も責任は会員本人に帰属し、弊店には一切の責任はないものとする。
  2. 会員は、「サービス」及び一切の「第三者提供物」の利用に関し適用される全ての法規(日本国内法に限らず、関係する諸外国の法規も含む)を遵守しなければならない。
  3. 会員は、インターネット関連の資源の適切な利用に関する一般に公正と認められる規則を遵守するものとし、 弊店 は「サービス」及び一切の「第三者提供物」及び公正なインターネット利用上で、以下の行為を禁止する。弊店が以下の項目に該当すると判断した場合、会員に通知することなく、「サービス」を停止し、掲載された情報を削除することができる。あるいは即刻全ての「サービス」の提供の停止および利用契約を解除して終了させることができる。
    〈この場合一切の返金は行なわない。本規約、利用契約解除第5条、4を参照〉
    1. 他人の著作物を著作者の許可なく、無断で使用すること。
    2. 会員に対する破産の申し出があった場合、または会員が準禁治産宣告もしくは禁治産宣告を受けた場合。
    3. 第三者に虚偽の情報を以って不利益をもたらすこと。
    4. 本サービスを申請するにあたり虚偽の情報を記入した場合。
    5. 弊店の所有物、著作物、ドメイン等や各情報を無断で使用すること。
    6. 誹謗、中傷、犯罪に関わる事柄、猥褻等公序良俗に反する情報を掲載すること。
    7. 弊店を非難、中傷する行為を行なった場合。
    8. 違法薬物系サイトの運営を行なった場合。
    9. 人種差別等、人道に反するサイトの運営を行なった場合。
    10. 風俗、アダルトに関する情報、性的小説、裸の画像、未成年者や青少年の利用を制限する情報を流したとき、またはそれに類するかあるいは不適当と弊店が判断した情報を流したとき。
    11. 風俗、アダルトに関する情報、性的小説、裸の画像、未成年者や青少年の利用を制限する情報を公開はしていないがサーバー内の利用スペースにアップロードしていた場合。
    12. 男女の出会いの場を提供する出会い系サイトであると分類されるサイトの運営を行なった場合。
    13. サーバーを共用している他の会員のIDまたはパスワードを不正に使用した場合。
    14. サーバーを共用している他の会員または第三者に迷惑不利益を与える等の行為、弊店のサービスに支障をきたす恐れのある行為、そのほか弊店が不適当と判断した場合。
    15. サーバーを共用している他の会員へまたは第三者に迷惑不利益を与え弊店の警告を聞き入れなかった場合。
    16. 会員の基本アカウントの管理が不十分でFTPアカウント及びパスワードの不正使用が発覚した場合。
    17. 会員のFTPアカウントのパスワードが簡単すぎて不正使用者がサーバー内に入りトラブルを起こした場合はパスワードの変更を強制するが何度変更しても同じ現象が起きる場合。(再設定しても同じ現象が起きる場合はパスワード管理不十分と判断する。(FTPアカウント、パスワードはサーバーへのクラッキング行為のみで不正使用されるものではない。利用パソコンの管理が不十分な場合もある。同サーバー利用者の中に同じ現象が確認されずパスワードを変更しても症状が起きる場合はFTPアカウントの管理が不十分であると判断される)
    18. CPUの使用率が全体を100と仮定した場合の10%以上を単独利用している場合。または指定のファイル削除依頼が3度以上続いた場合。
    19. 禁止CGIスクリプトの設置を行なった場合
      1. 設置可能CGI
        1. 掲示板
        2. ゲストブック
        3. 日記帳
        4. 更新記録
        5. ログ解析
        6. カウンター
        7. アンケート
        8. 自動登録リンク
        9. サーチエンジン
        10. フォームメール
        11. その他「禁止CGIリストに無いCGIスクリプト」
      2. ▼設置禁止CGI
        1. 「箱庭諸島」「FFAdventure」「SPELL BOUND」「Script Of Saga?」「Endless Battle」
        2. その他同種のネットゲーム関係CGI
        3. 他のサーバーもしくは弊店 サーバーへのハッキング、クラッキング行為を行なうためのCGIスクリプト
        4. スパムメールを送信するためのCGIスクリプト
        5. その他本規約で禁止している行為を行なうためのCGIスクリプト
    20. ネットゲームに関するダウンロードサイトの設置。
    21. 契約サーバー上で過負荷の常駐プログラムの実行を行なった場合。
    22. 会員が原因のサーバーダウンが3度起こった場合。〈本規約:第10条、4参照〉
    23. サーバーに過度の負荷をかける行為を行なった場合。
    24. ネットワークに過負荷をかける行為。
    25. 契約サーバーを利用して、スパムメールを送信する行為を行なった場合。
    26. 会員が送信した宛先不明メールが大量に送信された場合 。
    27. 弊店と契約している会員間でトラブルを発生させる行為を行なった場合。
    28. その他、日本国の諸法令、諸規則、法律に反すると判断される行為を行なった場合。
    29. 他の不特定多数のサイトより呼び出し専用のデータ、画像置き場にすること。
    30. ダウンロードサイト
    31. 動画の配信
    32. 弊店を非難、中傷する行為を行なった場合。
    33. 音楽配信。
    34. 大容量のファイルダウンロードサイト
    35. 会員が利用スペースの再販を行なった場合
    36. 会員が利用スペースを契約を交わした会員以外の第三者と共に利用していた場合
    37. その他弊店で許可した範囲を超えた利用を行なった場合。
    38. その他、本規約に違反した場合。
  4. 損害賠償金とサービス停止について〈第10条、3(18)、第10条、3(19)〉
    会員が、前条の禁止される行為を行なった場合、禁止行為等により、弊店に何らかの損害を与えた場合、弊店は会員または元会員に対し、相当する金員を請求できるものとする。
    1】CGIによるサーバーへの過負荷
    第10条、3(18)CPUの使用率が全体を100と仮定した場合の10%以上を単独利用している場合。または指定のファイル削除依頼が3度以上続いた場合。
    【2】ネットゲーム禁止
    第10条、3(19)禁止CGIスクリプトの設置を行なった場合

    損害保証金とIDの削除について
    • CGIによるサーバーへの負荷、一律10,000円
      2度までは警告し損害保証金を請求。3度目は確認され次第IDの利用停止。
    • ネットゲームの設置が確認された場合、一律10,000円
    • チャットの設置の確認がされた場合、一律10,000円
      弊店の削除依頼が聞き入れられなかった場合、削除依頼を送信後5日目にサービスを停止する。会員から後日どのような内容の連絡が弊店へ届いたとしてもサービスの復活はないものとする。(会員が申請した登録メールアドレスに変更があり変更申請がなくインターネットメールでの連絡が届かなかった場合、その他の理由でメールが不着となった場合でも弊店の送信記録が会員の確認の日時として適応される。)
    • 損害保証金の支払い日時(請求のメールを送信した日から5日以内)に入金が確認されなかった場合、サービスを停止。会員から後日どのような内容の連絡が弊店へ届いたとしてもサービスの復活はないものとする。(会員が申請した登録メールアドレスに変更があり変更申請がなくインターネットでメールでの連絡が届かなかった場合、その他の理由でメールが不着であった場合でも、弊店 の送信記録が会員の確認の日時として適応される)
    • 削除後再度設置したことが確認された場合は即刻サービスの停止する。「2度までは警告し損害保証金を請求。3度目は確認され次第IDの利用停止」が適応されず聞き入れたれなかった場合、発見しだいサービスを停止。会員から後日どのような内容の連絡が弊店へ届いたとしてもサービスの復活はないものとする。
  5. 弊店の禁止行為への対応について
    会員が、第10条、3の禁止行為等を行なった場合、弊店は会員または元会員に対し、第10条、4、第10条、5を適応することが出来るものとし、他の会員への被害を最小限とするべく迅速に対応しなければならない。
  6. 強制解除について
    会員、元会員は第10条、4、第10条、5から発生する請求額と共に強制解除時までに発生した料金を弊店の指定する方法で支払わなければならない。尚、弊店はすでに支払われた料金の払い戻しは、一切行なわない。
 
 第11条 ユーザーID(FTPアカウント、サブサブドメイン用FTPアカウント等)およびパスワード
  1. 会員は、ユーザーID(FTPアカウント)およびパスワードは責任をもって管理しなければならない。
    また、ユーザーID(FTPアカウント)およびパスワードの管理不十分または第三者の不正使用等に起因するすべての損害は、会員に帰属するものとする。
  2. 会員は、弊店より貸与された基本アカウント(ユーザーID)が第三者によって不正に使用された事実が発見された場合、直ちに弊店にその旨を通知しなければならない。
  3. 弊店が、会員に貸与した基本アカウント(ユーザーID)は、当該会員のみが使用出来るものとし、第三者の使用、譲渡、再貸与、相続、質権の設定、その他の担保等に供することは出来ない。第三者にスペースを提供した場合、本規約の禁止行為を行なったものとなり、弊店は規約に則り対処しなければならない。
  4. 会員は、設定した会員の基本アカウント(ユーザーID)を変更することはできない。パスワードの変更はサポートへ連絡すれば変更が可能である。
 
 第12条 著作権  
  1. 会員が、本サービスを通じて文章、画像、映像、音楽、ソフトウェア等を公開する場合、第三者の著作権等、その他の権利を侵害してはならない。
  2. 会員が、第三者の著作物及び創作物の違法な公表、複製、改変、翻案または翻訳等の権利侵害を行なった場合、全ての責任は会員に帰属し、弊店には一切の責任はないものとする。
  3. 会員が、本サービスを通じて他の会員、並びに弊店の著作物、創作物を使用するに当たっては、著作権法等の関連法規の定める事項を遵守しなければならない。
  4. 弊店ウェブサイトおよび弊店ウェブサイト上に掲載される個々の文章・図形・デザイン、商標・ロゴマーク等はすべて著作物につき、著作権その他の権利は、弊店または原著作者その他の権利者に有る。個人的な使用を目的として印字や保存および引用、流用等を行なう場合、その他著作権法で許容される範囲を除き、ウェブサイトの文章及びデータ等を当社または原著作者その他の権利者の許諾なく公開し、複製、送信、頒布、改変、切除等する行為は著作権法違反と認定する。
    弊店が行なっているサポートに関するメールは著作物であり、弊店から会員個人宛てに送られるメールを他のメディアに転用・利用する場合にも著作権法が適用される。
 
 第13条 情報の管理及び守秘義務  
  1. 弊店は、本サービスにより業務上知り得た情報を第三者に伝達してはならない。
    但し、令状を持つ公官庁の職員に対してはこの限りではない。
  2. 弊店は傘下会員が本規約及び準拠すべき法律に違反しない限り、会員のファイル及びメールを調査することはない。但し、弊店がサーバー内に危険を伴うトラブルが発生したと判断した場合は会員のファイル及びメールを削除する権利を有する。
  3. 弊店は、復旧または保守作業上必要な場合あるいは会員の依頼等に基づく特定の場合、毎日のサーバーメンテナンス作業を除き、会員の利用スペースにログインしその内部情報を入手することはない。
    弊店は、前項が規定する状況において会員の利用スペースにログインした場合も、当該サーバーの内部情報等業務上知り得た事柄を第三者に伝達することはない。但し、会員の依頼または承諾に基づく場合、および捜査協力義務が生じた場合はこの限りではない。
 
 第14条 共有コンテンツへの書き込み内容の削除  
  1. 弊店は、以下の場合、会員の共有コンテンツへの書き込み内容を削除できる。共有コンテンツとはコミュニティー掲示板等を作成した場合に適応される。
    ■共有コンテンツへの書き込み内容が禁止行為に該当すると弊店が判断した場合。
    ■共有コンテンツへの書き込み後一定期間を経過した場合。
    ■その他、弊店が不適当であると判断した場合。
  2. 共有コンテンツへの書き込み内容を削除しても、弊店はその理由を開示する義務を負わない。
 
 第15条 免責事項  
  1. 弊店は、本サービス及び本サービスを通じて他のネットワークサービスを利用することにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わない。
  2. 弊店は、本サービスを通じて利用者が知り得る情報について、その完全性、蓋然性、適用性、有用性等いかなる保証も負わない。
  3. 弊店は、サービスの保守・中断・変更及びそれ以外の事由により、サービス提供の遅延または中断が派生してもこれに起因する会員または第三者が被った損害について一切の責任を負わない。
 
 第16条 本規約の発効  
  1. 本規約は、会員に対して利用申請を弊店へ送り基本アカウントID及びパスワードを交付された時点より効力を生じる。申請は同意した後行なったものである為、弊店は本規約の則ったサービスの提供をしなければならない。
 
 第17条 係 争  
  1. 本サービスの利用に関して、本規約、個別規約等によっても解決できない問題が生じた場合、弊店と会員とは、双方誠意を持って協議し、これを解決するものとする。
  2. 弊店と会員との間で訴訟が生じた場合、弊店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。
    ・[附則]本規約は2003年2月1日より実施される。
 
▲UP